『デザイン史学』第15号(2017年度)

『デザイン史学』第15号(2017年度)

目次

巻頭
デザイン史学研究会について
編集方針について
編集委員会と編集諮問委員会

論文
理想か現実か?
女性芸術ギルドの歴史
北村 友里江

小森 忍の《新興食器》
──「洋食器の東洋趣味化」をめざして
木田 拓也

ニッポン・プロダクト再考

書評
『イギリス女性参政権運動とプロパガンダ:エドワード朝の視覚的表象と女性像』
評者 門田 園子

エキシビション・レビュー
「マリメッコ展──デザイン、ファブリック、ライフスタイル」
後藤 礼圭

ノイズ
角山 朋子

投稿要項

会則

執筆者について

第16号は2018年6月発行予定。

バックナンバーの購入方法について 
 

『デザイン史学』第14号(2016年度)

『デザイン史学』第14号(2016年度)

目次

巻頭
デザイン史学研究会について
編集方針について
編集委員会と編集諮問委員会

論文
1930年代における資生堂のイメージ戦略
ヴィジュアル雑誌に表象されるコーポレート・アイデンティティの分析
金田 幸知

中国雲南省・花腰彝族の刺繍文化の実態に関する研究
─雲南芸術学院による無形文化財の
「文化保護・伝承・発展」活動を通して─
高 茜

スーツと着物──日本のモダン・ファッション再考

書評
『1754-1851年のイングランドにおける家具メーカーと消費者
 相互作用としてのデザイン』
評者 新井 龍治

エキシビション・レビュー
「MIYAKE ISSEY展:三宅一生の仕事」
井口壽乃

投稿要項

会則

執筆者について

第15号は2017年6月発行予定。

バックナンバーの購入方法について 
 

『デザイン史学』第13号(2015年度)

『デザイン史学』第13号(2015年度)

目次

巻頭
デザイン史学研究会について
編集方針について
編集委員会と編集諮問委員会

論文

バレエ・リュス《牧神の午後》(1912)における古典古代回帰と
近代造形への展開:レオン・バクストによるニンフの衣裳表現と
コレオグラフィーをめぐって
手島 由記子

シュトゥットガルト教育実験工房とミュンヘン手工芸連合工房との関わり
針貝 綾

現代の都市生活とデザイン

書評
『工芸とナショナリズムの近代』
評者 菊池 裕子

『ベドジヒ・フォイエルシュタイン 世界で一番造形美ある国への旅』
評者 ペトル・ホリー

エキシビション・レビュー
デザインポリシーという問題提起
──大阪万博1970デザインプロジェクト
暮沢 剛巳

ノイズ
コシノヒロコとアートの関係─KHギャラリーの取り組み─
中村 真梨子

投稿要項

会則

執筆者について

第14号は2016年6月発行予定。

バックナンバーの購入方法について 
 

『デザイン史学』第12号(2014年度)

『デザイン史学』第12号(2014年度)

目次

巻頭
デザイン史学研究会について
編集方針について
編集委員会と編集諮問委員会

論文

20世紀女性参政権運動におけるアーツ・アンド・クラフツ運動の影響
佐藤 繭香

初期メディアアートにみるインタフェース・デザイン
:芸術表現としてのインタラクション空間構造についての考察
長谷川 紫穂

Print and Printmarking
:The Independent Publishing Movement in Japan 1905-1935
Louise Rouse

早稲田大学 国際教養学部・デザイン史学研究会共催シンポジウム
建築とデザインにおけるトランスカルチュラル・モダニズムの創造

書評
『東西文化の地場:日本近代の建築・デザイン・工芸における境界的作用史の研究』
評者 木田 拓也

『ライマン・スクール―デザインのディアスポラ』
評者 アンドリュー・ライマン

エキシビション・レビュー
「暮らしと美術と髙島屋展」
神野 由紀

ノイズ
デザインコレクションと著作権をめぐる問題
西山 薫

投稿要項

会則

執筆者について

第13号は2015年6月発行予定。
第14号(2016年度)の投稿論文の締め切りは、2015年11月末日に延期されました。

バックナンバーの購入方法について 
 

『デザイン史学』第11号(2013年度)

目次

巻頭
デザイン史学研究会について
編集方針について
編集委員会と編集諮問委員会

論文
第二次世界大戦 戦時中・占領時の書物 1941年-1952年
遠藤 律子

ポンティプールのジャパン・ウェア
──黒い光沢と金の絵柄の系譜──
鈴木 裕子

東アジア圏のトランスナショナルデザイン史に向けて

書評
『英国の航空ポスター ──アート、デザイン、そしてフライト』
評者 山本 政幸

『ソニア・ドローネー 服飾芸術の誕生』
評者 常見 美紀子

エキシビジョンレビュー
「田中一光とデザインの前後左右」を追って
西岡 仁也

ノイズ
「最小限住宅」と「茶室」についての雑感
暮沢 剛巳

投稿要項

会則

執筆者について

バックナンバーの購入方法について 
 

『デザイン史学』第10号(2012年度)

目次

巻頭
デザイン史学研究会について
編集方針について
編集委員会と編集諮問委員会

論文
スウェーデンのモダンデザインのプロモーション:1990年代以降の動きを追って/倉林 祥子

「モホイ=ナジ再考ーー芸術の領域を超えて」

書評
平凡さを突き抜けて:20世紀ポーランドのデザイン/評者 角山 朋子

エキシビション・レビュー
メタボリズムの未来都市展:戦後日本・今甦る復興の夢とビジョン/評者 足立 純子

ノイズ
英国欧州空港(BEA)とビートルズの出会い:1960年代の飛行機とポップ・ミュージック/スコットアンソニー

投稿要項

会則

執筆者について

バックナンバーの購入方法について 
 

『デザイン史学』第9号(2011年度)

目次

巻頭
デザイン史学研究会について
編集方針について
編集委員会と編集諮問委員会

論文
国井喜太郎の固有工芸論?1930年代における「日本的なもの」とモダンデザイン?/木田拓也
生産者と消費者の対話としてのデザイン?18世紀後半イングランドの注文家具生産の事例?/真保晶子

特別寄稿
シンポジウム報告:「世界デザイン会議1960再考」?WoDeCo50執念をめぐって?

書評
『スウェディッシュ・モダニズム』/評者 倉林祥子
『デザインの力』/評者 門田園子

エキシビション・レビュー
SO+ZO展 未来をひらく造形の過去と現在 1960s→/評者 朝倉三枝
ノイズ
ジェコブ・エプスタインとブラッックプール/スチュアート・タロック

投稿要項

会則

執筆者について

バックナンバーの購入方法について 
 

『デザイン史学』第8号(2010年度)

目次

巻頭
デザイン史学研究会について
編集方針について
編集委員会と編集諮問委員会

論文
18世紀後半イギリス陶器におけるデザインの選択─ウェッジウッド社転写印刷陶器の図柄の場合/新川徳彦
イギリス木版画リバイバルとアーツ・アンド・クラフツ運動における浮世絵版画の受容/板橋美也
土浦亀城、土浦信子、ベドリフ・フォイエルシュタインの書簡に見るトランスナショナルな交流/ヘレナ・チャプコヴァー

特別寄稿
シンポジウム記録:写真×プロパガンダ×デザイン

書評
フィル・べインズ著『ペンギンブックスのデザイン1935-2005』/評者 山本政幸
ジェレミー・エインズレイ著『現代ドイツのデザイン』/評者 伊原久裕

エキシビション・レビュー
失踪する日本車?1960年代を主軸とする国産車の軌跡?/評者 河野克彦

ノイズ
考察:作ること、考えること/堤 麻衣子

投稿要項

会則

執筆者について

バックナンバーの購入方法について
 
 

『デザイン史学』第7号(2009年度)

目次

巻頭
デザイン史学研究会について
編集方針について
編集委員会と編集諮問委員会

論文
レヒネル・エデン設計の「応用美術館」にみるオリエンタリズム─英領インドの植民地建築へのまなざし/足立純子
既製簡易洋家庭家具の先駆者、森谷延雄の業績/アンヌ・ゴッソ
1910年代ウィーンの工芸教育─フェリーツェ・上野=リックスのデザイン活動との関連性において/角山朋子
現代における「伝統工芸」のコンセプチュアル・スペース─津軽塗漆器の定義、表象、イメージ/アントニー・ラウシュ

特別寄稿
グリッド・システム;ヨコ組時代、ゴシック体か、明朝体か、の造形思考と基本思潮/羽原肅郎
ダイナミックインフォメーショングラフィックス─動的な視覚表現を用いた知識の視覚化/ 原田泰
画面ディスプレイ表示用ユニバーサルデザインフォントの開発/宮崎紀郎
メディアアートの最前線─新世代のメディアアート、展示支援とデザイン/森山朋絵

書評
トニー・ヒューバマン、ソニア・アシュモア、菅靖子編『チャールズ・ホーム日本・北米旅行日記(1889年)とリバティ夫人による日本旅行写真記録』/評者 アナ・バッシャム
印刷博物館編『1950年代日本のグラフィックデザイン─デザイナー誕生』/評者 遠藤律子

ノイズ
音楽と同時性について/クリストフ・シャルル

投稿要項

会則

執筆者について

バックナンバーの購入方法について
 
 

『デザイン史学』第6号(2008年度)

目次

巻頭
デザイン史学研究会について
編集方針について
編集委員会と編集諮問委員会

論文
「行進」にみるジェンダーの演出─イギリス女性参政権運動を事例として/佐藤繭香
商品の「機能」と近代デザインにおける「機能主義」/小川勝
仮設的電光建築にみるチェコ・アヴァンギャルドのデザイン─ペシャーネクのライト・キネティック広告からクレイツァルの1937パリ万博パヴィリオンまで/井口壽乃

特別寄稿
デザイン?テクスト?コンテクスト─誰のためのデザイン史?/井口壽乃
歴史と実践─デザインの問題/ジョン・ヘスケット
デザイン史とデザイナー─歴史の効用/栄久庵祥二
デザインの現場がデザイン史学に期待するもの/長澤忠徳

書評
降旗英史監修・東北芸術工科大学デザイン哲学研究所編、デザイン哲学叢書『デザインの知』vol.1/評者 日野永一
常見美紀子『桑沢洋子とモダン・デザイン運動』/評者 嶋田厚

ノイズ
編集者がみた「design」と「デザイン」/室賀清徳

投稿要項

会則

執筆者について

バックナンバーの購入方法について