第14回シンポジウム

DHWJシンポジウム2016「ニッポン・プロダクト再考」
 

日時:2016年7月9日(土)14:00-17:00
会場:神戸大学大学院国際文化学研究科(鶴甲第1キャンパス) 大会議室(E棟4階) 
主催:デザイン史学研究会、神戸大学大学院国際文化学研究科
参加費:入場無料、予約不要
 
 
近年では、“クール・ジャパン”の言葉と共に、アニメや漫画、ファッション、和食など、さまざまなものが海外に紹介され、大きな注目を集めています。ですが、そうした日本に注がれた眼差しというものは、内側からはなかなか見えづらいものです。海外から見た日本とは一体、どのようなものなのでしょうか。デザイン史学研究会第14回シンポジウムは、海外に影響を与えた日本の製品をテーマに、19世紀末から現代に至るまで、日本の文化が海外でどのように受容され、世界中のアーティストやデザイナーに影響を与えてきたのか、ファッションやインテリアなど幅広い視点から検討してみたいと思います。

プログラム:
13:30 受付
14:00 開会あいさつ
14:05 第1部 研究報告
1. 生田ゆき(三重県立美術館学芸員)
「型紙からKATAGAMIへ 触媒としての伝統工芸」
2. 川上比奈子(摂南大学理工学部教授)
「漆芸家、菅原精造がアイリーン・グレイの家具・インテリア・建築に及ぼした影響」
3. 小野原教子(兵庫県立大学経営学部准教授)
「現代イギリスファッションにおけるキモノ文化受容について」

16 :00 第2部 
パネルディスカッション
パネラーによる討論(1時間程度)
司会:朝倉三枝(神戸大学)
17:00 閉会

 
会場へのアクセス
www.kobe-u.ac.jp/guid/access/rokko/turukabuto-dai1.html
会場のE棟は、上のリンク先、「ローカルマップ」で㉓の建物(E棟)になります。

電車の最寄駅はJR「六甲道」か、阪急「六甲」、阪神「御影」です。
その後、神戸市バス16番か106番の「六甲ケーブル下行き」に乗っていただき、
「神戸大学国際文化学部前」で下車してください。
(キャンパスによってバスが違うので、乗るバスの番号に注意してください)
大体10分くらいで大学に着きます。
なお、最寄り駅から大学までは阪急「六甲」が一番、大学に近いです。

バス停を降りますと、国際文化学部の校舎が道の反対側にあるため、
歩道橋を渡っていただきます。
バス停から歩道橋を渡って反対側に着きますと、レンガ造りの大きな階段が見えますが、
その階段は使わず、もう少し前身していだくと、学食が見えます。
その学食の入り口のところに、エレベーターがあるので、
それに乗っていただき、4階までお越しください。
その先は、サインを出しておきますので、それに従って会場までお越しください。

チラシPDF

第13回シンポジウム

DHWJシンポジウム2015「スーツと着物―日本のモダン・ファッション再考」
 
日時:2015年7月11日(土)14:00-17:00
会場:京都女子大学 B校舎517 
   www.kyoto-wu.ac.jp/access/index.html
主催:デザイン史学研究会、京都女子大学家政学部
参加費:入場無料、予約不要
 
 
日本で西洋式の衣服、いわゆる「洋服」の着用が始まるのは、文明開化の名のもと欧米諸国の文化が積極的に取り入れられた明治期のことでした。そのため、日本の衣服の近代化は、しばしば「西洋化」の言葉と共に説明されてきました。しかし、日本には長い歴史の中で育まれてきた「着物」という伝統服もあり、実際には、その着物と洋服の拮抗が日本のファッションの近代化を推し進めたと考えられます。本シンポジウムでは、スーツと着物を主題に、二人の研究者を迎え、日本における衣服の近代化について改めて問い直してみたいと思います。

プログラム:
13:30 受付
14:00 開会あいさつ
14:05 第1部 
研究報告
1. ベルトラム・ラース(埼玉大学)
「日本の近代化における背広の役割―“日本の近代化を加速させた異物”から“サラリーマンの象徴”への変貌」
2. 三橋順子(明治大学)
「和装のモダンガールはいなかったのか?―モダン・ファッションとしての銘仙」
3. 成實弘至(京都女子大学)
「洋服とは何か?―西洋と非西洋の境界線を越えて」

16 :00 第2部 
パネルディスカッション
パネリスト:ベルトラム・ラース、三橋順子、成実弘至、百々徹(京都造形芸術大学)
司会:朝倉三枝(神戸大学)
17:00 閉会

「デザイン資源の現状と課題」シンポジウム

デザイン資源研究グループ / デザイン史学研究会共催
「デザイン資源の現状と課題」シンポジウム
科学研究費基盤B研究課題「視覚文化におけるデザイン資源の総合的分析:デザイン学研究方法論の構築をめざして」(代表:井口壽乃)

時間:14:00〜18:00
会場:東京国立近代美術館 地下講堂
参加自由

パネラー
1.Professor Catherine Moriarty 
(Curatorial Director, University of Brighton Design Archives)
「ICOGRADAアーカイブについて」

2.本庄美千代(武蔵野美術大学 美術館図書館)
「武蔵野美術大学のデザイン・アーカイブ」

3.木戸英行(DNP文化振興財団)
「田中一光アーカイヴ」

4.児玉幸子(電気通信大学)
「デザイン表現の知的財産権をめぐる問題」

第12回 シンポジウム

DHWJシンポジウム2014「現代の都市生活とデザイン」
Japanese Urban Everyday Life & Design

日 時:2014年7月19日(土)14:00-17:00
会 場:青山学院大学 アスタジオホール
    http://ticket-search.pia.jp/pia/venue/venue_access_map.do?venueCd=AYGS
主 催:青山学院大学総合文化政策学部、デザイン史学研究会
参加費:入場無料、予約不要

21世紀の初頭に、消費社会とメディア環境が進展した経済的な成熟の中で、日本の未来像や成長の行方が見えなくなっている、と多くの論者が語っていました。しかしそのさなかに起きた東北大震災と、それに伴う「想定外」の現実を経験して、我々は経済的な豊かさや成長の仮構性、文化や技術の進歩のもろさに覚醒しました。3年たって大都市の生活は平常に戻ったかに見えますが、その底には言葉にならない不安と疑念が残り、以前のように目に見える豊かさを信じることに戸惑いを感じる人は少なくありません。
 そんな現象の理解と価値観の転換期において、都市生活の豊かさとは何か、日常の感性やデザインは社会とどうかかわり、どのような独自性を持ちうるのかを再検証します。特に今回は、90年前の関東大震災後に消費社会が進展し生活や都市が変容するさまを検証した今和次郎のモデルノロジオを手掛かりに、第一部では3人の話者がそれぞれの視点から語ります。そして第二部ではその講演をもとにして、会場の参加者との対談をおこないます。

第1部 研究報告
パネラー①成實弘至(京都女子大学家政学部教授)
    「スローファッションという可能性」
パネラー②黒石いずみ(青山学院大学総合文化政策学部教授)
    「いごこちのデザイン」
パネラー③真壁智治(プロジェクトプランナー) 
    「かわいい論」

第2部 パネルディスカッション
モデュレータ:黒石いずみ

第11回 シンポジウム

sympo11建築とデザインにおけるトランスカルチュラル・モダニズムの創造

日 時:2013年7月13日(土)14:00-17:00
会 場:早稲田大学国際会議場/第一会議室
主 催:早稲田大学国際教養学部、デザイン史学研究会
参加費:入場無料、予約不要
 
 
 
プログラム:
第1部:基調講演
「モダニズム建築におけるヨーロッパと日本の先陣争い」
藤森照信(工学院大学教授・東京大学名誉教授)

第2部:パネルディスカッション
「国際様式への過程-土浦亀城の住宅作品とノイトラとの書簡」
田中厚子(アクセス住環境研究所、東京電機大学ほか非常勤講師)

「川喜田煉七郎の劇場計画案における欧米前衛舞台の受容と展開」
梅宮弘光( 神戸大学教授)

「国境を越えたデザイナー ― 山脇巌と道子の日本モダニズム」
ヘレナ・チャプコヴァー (早稲田大学・助教)

「ものづくりのモダニズム ― 家具産業とグローバルネットワーク 」
サラ・ティズリー(英国王室美術学院(Royal College of Art大 学院大学)人文研究科 准教授)

ディスカッサント
田所 辰之助(日本大学・准教授)
全体司会進行:ヘレナ・チャプコヴァー(早稲田大学)

[ 印刷用PDF ]

第10回 シンポジウム

sympo10オリエンタル・モダニティ:東アジアのデザイン史 1920-1990
東京国立近代美術館・工芸館「越境する日本人」展 関連事業 / デザイン史学研究会10周年記念シンポジウム

日 時:2012年7月14日(土)14:00-17:00
会 場:会 場:東京国立近代美術館(本館)地下講堂
主 催:東京国立近代美術館、埼玉大学教養学部、デザイン史学研究会
参加費:入場無料、予約不要、通訳付き

プログラム:
第1部:基調講演
樋田豊郎(秋田公立美術短期大学)

第2部:パネルディスカッション
菊池裕子(ロンドン芸術大学)
「東アジア圏のトランスナショナルデザイン史に向けて:顔水龍の工芸デザイン運動」
リン・ウェッシー(ロンドン芸術大学)
「トランス/ナショナル・プロダクション:中国ファッションのオーセンティシティ」
リー・ユナ(ブライトン大学)
「トランスナショナルにおける韓国らしさのオーセンティシティに関する探求:1970~80年代韓国のグラフィックデザイン」
菅 靖子(津田塾大学)
「東アジア圏を結ぶ工芸活動:自由学園北京生活学校」
木田拓也 (東京国立近代美術館)
「大陸に渡った工芸家:近代日本の工芸家にとっての『アジア的なもの』」
モデュレータ:井口壽乃(埼玉大学・デザイン史学研究会代表)

■連絡先:デザイン史学研究会事務局
designhistoryworkshopjapan@hotmail.com
東京国立近代美術館工芸館・木田拓也

[ 印刷用PDF ]

第9回 シンポジウム

sympo9モホイ=ナジ再考─芸術の領域を越えて─
(京都国立近代美術館主催国際シンポジウムを後援します)

20世紀美術に「新しい視覚(ニュー・ヴィジョン)」をもたらしたハンガリー出身の芸術家、モホイ=ナジ・ラースロー(1895-1946)の全体像を紹介した日本で最初の展覧会「モホイ=ナジ / イン・モーション 視覚の実験室」の開催にあわせて国際シンポジウムを開催します。絵画、写真、彫刻、グラフィック・デザイン、映画、舞台美術、出版など多岐にわたるモホイ=ナジの活動は、20世紀美術が直面したさまざまな重要な課題を提示しています。本シンポジウムでは、モホイ=ナジの創作活動と思索の全容を解明するために、モホイ=ナジ研究の基礎を築いた専門家をはじめ、近現代美術史や写真、デザイン、映像などの研究者が集まり、それぞれの立場からモホイ=ナジ芸術の歴史的・今日的意義を検証します。

日 時:2011年7月23日(土)13:00~17:00
会 場:京都国立近代美術館1階講堂
参加費:聴講無料、当日開始時間の1時間前より受付にて整理券を配布します。通訳付き
* 会員のみなさまには、シンポジウム当日に限り、展覧会の招待券を配布しております。午前10時半~11時、エントランスに運営委員がお待ちしております。

プログラム:
13:00~13:10 イントロダクション     
第1部:基調講演
13:10-13:40 「画家モホイ=ナジの誕生」
 パシュート・クリスティナ(エドヴェシュ・ローランド大学名誉教授)
13:45-14:15 「モホイ=ナジと生命中心主義」
 オリバー・ボーター(メニトバ大学准教授)
14:20-14:30 休憩

第2部:報告+全体討議
14:30-14:50 「モホイ=ナジと中欧のアヴァンギャルド芸術」
 井口壽乃(埼玉大学教授)
14:50-15:10 「モホイ=ナジと戦前の日本」
 森下明彦(メディア・アーティスト)    
15:10-16:10 全体討議
16:10-16:20 休憩
16:20-16:45 全体からの質疑応答
16:45-17:00 まとめ

[ 印刷用JPG ]

第8回 シンポジウム

sympo8世界デザイン会議1960再考─WoDeCo 50周年をめぐって─

1960年に世界デザイン会議(WoDeCo)が東京で開催されて今年で50年になります。テーマ「今世紀の全体像、デザイナーは人類の未来社会に何を寄与するか」を掲げ、国内外の建築家、デザイナー、評論家が一堂に会し、6日間に渡って議論されたこの会議は、その後日本のデザイン界に大きな影響を残しました。日本デザイン史の転換点にあたる1960年代、その契機となったWoDeCoを再び問い直すことをとおして、今日のデザインのありかたを検証します。第1部では実際の参加者のおひとりにお話をうかがい、第2部でデザイン評論家との対談をおこないます。

日 時:2010年7月17日(土)午後2時から4時
会 場:津田塾大学 AVセンター1階
〒187-8577 東京都小平市津田町2-1-1
参加費:一般1,000円、学生500円、会員無料(事前申込不要)

プログラム:
13:30 受付     
14:00 開会あいさつ 
14:05 第1部:基調講演
榮久庵憲司(インダストリアルデザイナー)

15:00 第2部:対 談
柏木 博(武蔵野美術大学教授・デザイン評論家)
井上雅人(武庫川女子大学講師)
総合司会:井口壽乃(埼玉大学教授・デザイン史学研究会会長)
17:00閉会

[ 印刷用PDF ]

第7回 シンポジウム

sympo7写真×プロパガンダ×デザイン

モダングラフィックデザインと写真は視覚的コミュニケーションの性格から両輪のごとく発展し、特にモダニズム期に前衛芸術家によって発見された新しい視覚表現は、国境を超えて国際的な規模で拡大し、大衆文化形成に深く関わってきました。しかしそこには、はからずも政治的な場面で活用された写真とデザインは、芸術家の意図から離れ「前衛」から「キッチュ」へと変容するというパラドックスもみられます。
今回のシンポジウムでは、ユーゴスラヴィアの写真史家ミランカ・トージッチ教授と日本近代写真史の専門家・金子隆一氏、ポーランド美術史の加須屋明子氏をお招きして、こうしたモダニズムと視覚文化の問題をを討論します。

2009年7月25日(土)午後2時から5時
埼玉県立近代美術館2階講堂
さいたま市浦和区常盤9-30-1
参加費 一般1,000円、学生500円、事前予約不要
(研究会会員および埼玉大学生は無料)
共催 埼玉大学大学院文化科学研究科

プログラム
13:30 受付     
14:00 開会あいさつ 
14:05 第1部:基調講演
ミランカ・トージッチ(ベオグラード芸術大学教授)
「第二次世界大戦後のユーゴスラヴィアにおける写真とプロパガンダ」
金子隆一(東京都写真美術館専門調査員)
「アマチュア写真家と『報道写真』」
加須屋明子(京都市立芸術大学准教授)
「ポーランドの視覚文化にみるポリティックス」
16:00 第2部:パネルディスカッション
パネリスト:ミランカ・トージッチ、金子隆一、加須屋明子
コーディネーター:井口壽乃(埼玉大学教授/研究会代表)
17:00 閉会

[ 印刷用PDF ]

第6回 シンポジウム

sympo6デザインとメディア

近代社会において、メディアはめまぐるしく発展してきましたが、そうしたメディアと人間のあいだをまさに物理的に「媒介」してきたのは、デザイン活動です。
デザイン史学研究会はこれまで、ジェンダーやミュージアム、デザインの歴史性、社会性といったさまざまな角度から、広く社会とデザインを論じる場を設けてきました。本シンポジウムでは、「メディア」に焦点をあて、メディアとしてのデザイン、あるいはメディアのためのデザインの働きについて、20 世紀から今日までを射程にいれて考察します。

日 時: 2008 年7月12日(土) 14:00 ~17:00
会 場: 津田ホール会議室T101・102
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-18-24
tsudahall.com/THHP2/mainindex.htm 
参加費 一般1,000円、学生500円(研究会会員は無料)

プログラム
13:30 受 付
14:00 羽原肅郎 氏(デザイン評論家)
「タイポグラフィにおける可読性と品位について」
14:30 宮崎紀郎 氏(千葉大学グランドフェロー) 
「メディアデザインがつくるもの─『ライフ』の写真をたどって」
15:00 原田 泰 氏(千葉工業大学准教授)
「ディスプレー表示を前提としたビジュアルデザインの手法」
15:30 森山朋絵 氏(東京都現代美術館学芸員・東京大学特任准教授)
「メディアアートの最前線」
16:00 パネルディスカッション
17:00 閉 会 

[ 印刷用PDF ]