第5回 シンポジウム

sympo5sデザイン×テクスト×コンテクスト——誰のためのデザイン史?

グローバルな視点からデザイン史研究の発展の経緯を見てみますと、20世紀初頭までは、主に工芸家やデザイナーなどの実践家によってその歴史が語り継がれ、両大戦間期にニコラウス・ぺヴスナーやハーバート・リードのようなモダニストのイデオローグたちによってデザイン史はモダン・デザインの発展史として登場するに至りました。その後、デザインにおける近代運動への批判の高まりとともに1970年代以降、その姿を大きく変えて今日まで継承されてきています。果たしてデザイン史研究は誰のためにあるのでしょうか。自文化や異文化理解のためデザイン史、企業家や消費者のためのデザイン史、デザイナーやクリエイターのためのデザイン史、鑑賞教育や体験学習のためのデザイン史——このシンポジウムでは、こうしたデザイン史研究の今日的射程を巡って語り合いたいと思います。

2007年7月16日(月・祝)午後1時から5時
埼玉大学 東京ステーション・カレッジ
参加費 一般1,500円、学生500円(研究会会員は無料)
共催 埼玉大学大学院文化科学研究科

プログラム
第1部 基調講演
ジョン・ヘスケット(香港理工大学教授)

第2部 基調報告
栄久庵祥二(日本大学教授)
長澤忠徳(デザイン・コンサルタント、武蔵野美術大学教授)

第3部 パネルディスカッション
パネリスト:ジョン・へスケット、栄久庵祥二、長澤忠徳
コーディネーター:井口壽乃(埼玉大学教授、デザイン史学研究会副代表)

[ 印刷用PDF ]

第4回 シンポジウム

sympo4sジェンダーとモダン・デザイン——作り手としての女性/使い手としての女性

これまでデザイン史の研究主題のひとつとして20世紀のモダニズムが盛んに論議されてきました。しかしそうした論議は、おうおうにして男性によって形成された視点からによるものでありました。そのような意味で、女性がどのようにモダニズムというイデオロギーに介在してきたのかという視座からの具体的な検証と歴史への再配置へ向けての学術的作業は、まさしく、近年ようやく注目されはじめた営みであるといえるでしょう。本シンポジウムでは、以上のような日本におけるこの領域の萌芽的状況をふまえながら、「ジェンダーとモダン・デザイン」を主要テーマとして取り上げ、とくに「作り手としての女性/使い手としての女性」の役割に焦点をあて、論議を深めたいと思います。

2006年7月22日(土)午後1時30分から5時15分
埼玉県立近代美術館 講堂
共催 埼玉大学大学院文化科学研究科
後援 ブリティッシュ・カウンシル

プログラム
第1部 基調講演
ペニー・スパーク(英国キングストン大学教授)

第2部 基調報告
常見美紀子(京都女子大学助教授)
神野由紀(関東学院大学助教授)

第3部 パネルディスカッション
パネリスト:ペニー・スパーク、常見美紀子、神野由紀
コーディネーター:菅靖子(津田塾大学助教授)

[ 印刷用JPG ]

第3回 シンポジウム

sympo3s日本におけるデザインのミュージアム——現状と未来

デザインという行為をとおして視覚世界や物質文化は形成され、そのなかで現代に生きる私たちは日常の生活を営み、社会的文化的アイデンティティーをかたちづくってきました。そうしたデザインはこれまでどのような視点からコレクションされ、展示されてきたのでしょうか。このシンポジウムでは、現状の認識を深めるとともに、21世紀の日本におけるデザインのミュージアムについてさまざまな立場や観点から語り合いたいと思います。

2005年7月2日(土)午後12時30分から4時
(株)国際デザインセンター6F「プレゼンテーションルーム」
共催 日本学術振興会「人文・社会科学振興プロジェクト研究」
協賛 (株)国際デザインセンター
協力 神戸大学表現文化研究会

プログラム
第1部 基調講演
木村一男(名古屋学芸大学メディア造形学部学部長、元JIDA会長)

第2部 基調報告
橋本啓子(インディペンデント・キュレーター、元東京都現代美術館学芸員)
キム・サンキュー(韓国ハンガラム・デザインミュージアム学芸員)
第3部 パネルディスカッション
パネリスト:木村一男、橋本啓子、キム・サンキュー
コーディネーター:井口壽乃(埼玉大学助教授、デザイン史学研究会副代表)

[ 印刷用JPG ]

第2回 シンポジウム

sympo2s「戦後復興期の日本デザイン」

戦後日本の経済復興は目覚しいものがあり、私たちの生活様式を大きく塗り替えることになりました。そうした発展を支えてきた力としてデザインを無視することはできません。戦後半世紀をへた今日、戦後復興期の日本デザインが歩いてきた道のりを、学術、教育、振興、実践のそれぞれの視点から検証したいと思います。

2004年7月3日(土)午後1時から5時30分
津田塾大学AVホール

プログラム
第1部 基調講演
回想のデザイン史研究/利光功(大分県立芸術文化短期大学学長)
戦後のデザイン教育をめぐって/日野永一(実践女子大学教授)
デザイン振興行政に携わって/小関利紀也(高岡短期大学名誉教授)
GKインダストリアルデザイン研究所とともに/曽根靖史(前近畿大学九州工学部教授)

第2部 パネルディスカッション
パネリスト:利光功、日野永一、小関利紀也、曽根靖史
コーディネーター:中山修一(神戸大学教授、デザイン史学研究会代表)

[ 印刷用JPG ]

第1回 シンポジウム

sympo1s「21世紀におけるデザイン史研究」

私たちのデザイン史学研究会は、2002年11月22日に神戸大学で設立総会を開催し、正式に発足いたしました。この第1回のシンポジウムは2部で構成され、第1部では、デザイン史学研究会の設立を記念して、イギリスのブライトン大学のジョナサン・M・ウッダム教授をお招きし、「21世紀におけるデザイン史研究」と題して、デザイン史研究の過去を回顧するとともに、未来について展望していただきます。ウッダム教授は、1977年に英国に設立されたデザイン史学会のかつての会長で、現在はブライトン大学デザイン史研究センターの所長も務めています。続く第2部では、デザイン史学研究会の代表で神戸大学教授の中山修一とウッダム教授との対談を中心に、デザイン史学研究会の今後の活動について、参加者を含めて全員で討議したいと考えています。

2003年10月4日(土)午後1時から5時30分
埼玉大学21世紀総合研究機構7F大会議室
共催 埼玉大学大学院文化科学研究科
後援 ブリティッシュ・カウンシル

プログラム
第1部 記念講演
回顧と展望——21世紀におけるデザイン史/ジョナサン・M・ウッダム(英国ブライトン大学教授)
第2部 パネルディスカッション
パネリスト:ジョナサン・M・ウッダム(英国ブライトン大学教授)、中山修一(神戸大学教授、デザイン史学研究会代表)
コーディネーター:井口壽乃(北九州市立大学助教授、デザイン史学研究会副代表)

[ 印刷用JPG ]