2021年度総会および第45回研究発表会のお知らせ

●2021年度総会および第45回研究発表会のお知らせ

2021年度総会および第45回研究発表会を下記日時内容にて
Zoomミーティングにてオンライン開催致します。

◎日時:2021年7月17日(土) 総会 14:00-15:00  研究発表会 15:00-17:00
◎会場:オンライン開催(Zoom)
◎アクセス:開催1週間前に改めてニュースレターにてご連絡させていただきます.

※当日総会へ不参加の方は、下記URLから委任状をご提出ください
forms.gle/sdgAT9QeLmHw2kGD9

[研究発表1]
東 瞭 
Akira Azuma

【発表題目】
映画『ブレードランナー』(1982年)におけるフランク・ロイド・ライトのマヤ・リバイバル建築の用法
The Referential Use of Frank Lloyd Wright’s Mayan Revival Architecture in Blade Runner (1982)

【発表要旨】
リドリー・スコットの1982年の映画『ブレードランナー』Blade Runnerは、未来を舞台としているにも関わらず、プロット、衣装、小道具(例えば「レプリカント」が持ち歩いている写真)といった要素に、過去のスタイルが用いられていることで知られており、研究者によりそれらのソースが同定されてきた。しかしこの映画のセットとなると、研究者はそこに過去の建築様式が用いられていると指摘するに留まり、過去の具体的にどんな建築様式が用いられているのかを名指すことはできずにきた。本発表は、『ブレードランナー』のセット(およびミニチュア)に用いられている過去のいくつかの建築様式のうち、もっとも顕著なのはマヤ・リバイバルーー特にフランク・ロイド・ライトが彼のカリフォルニア時代に実践したそれーーであることを指摘し、その理由について考察する。

Although set in the future, Ridley Scott’s 1982 film Blade Runner is noted for the use of various past styles for its cinematic elements such as plot, costumes and props (most notably the photos “Replicants” carry), and their sources have been discovered by scholars. When it comes to the film’s set, however, these scholars have stopped at just pointing out that past architectural styles are used, and fell short of identifying exactly what past architectural styles are used. This presentation reveals that the most prominent of the past architectural styles used for the film’s set (and models) is Mayan Revival, especially as practiced by Frank Lloyd Wright during his California days, and investigates why this particular style is used extensively in the film.

[研究発表2]
角田 かるあ
Kahlua Tsunoda

【発表題目】
未来主義理論家A・G・ブラガーリアが目指した写真表現:ダンテ「神の芸術」にみるフォトディナミズモ
The Photographic Expression of the Futurist Theorist A. G. Bragaria: Rethinking Photodynamism through Dante’s “Divine Art”

【発表要旨】
イタリア未来派の芸術家A・G・ブラガーリアは、写真実験「フォトディナミズモ」(1911-1914)を通じて写真芸術の革新を目指した。同実験の完成イメージは、同時代の科学写真に酷似していたため、彼にはこれを芸術として正当化する必要があった。本発表では、著作『未来主義フォトディナミズモ』の芸術論におけるダンテ「神の芸術」への言及に着目することで、同実験を通じて目指された写真表現が、目に見える外的な動きにおける目に見えない内的な動きの顕在化であった事実を指摘する。また、このような人文主義的な関心を示すことで、ブラガーリアが同実験の芸術的正当性を、従来とは全く異なる仕方で裏づけようと企図していた可能性を提案する。

Anton Giulio Bragaglia, an Italian futurist artist, invented a new experimental photography called photodynamism (1911-1914) in order to reshape the photographic art of his time. Since these images closely resembled the scientific photography of the same age, Bragaglia sought to justify his works as artistic expressions. This study focuses on his mention of Dante Alighieri’s “Divine Art” in his discussion of art theory in the book Futurist Photodynamism and proposes that Bragaglia intended that his photographic experiment should portray the invisible internal movement of the mind through the visible external movement of the body. This study thus shows that Bragaglia may have intended to support the artistic legitimacy of photodynamism in an unconventional way by presenting this humanistic view.

ACDHT 2021 OSAKA(The 4th Asian Conference of Design History and Theory)

意匠学会 国際交流委員会との共催により2021年8月29~30日に国際会議「ACDHT 2021 OSAKA」(第4回アジアデザイン史論国際会議)を大阪大学で開催します。本会議は会員・非会員のどちらも参加できます。英語発表のご経験がある方だけでなく、これまで英語による口頭発表のご経験がない方の参加も歓迎いたします。どうぞ奮ってご参加ください。

●会期:2021年8月29日~2021年8月30日
●使用言語:英語
●会場:大阪大学 待兼山キャンパス(大阪府豊中市)
●開催方式:オンライン方式
●参加費:オンライン開催の場合には無料の見込み

◎会議テーマ:’The Culture of Design and Design in Culture’
◎参加方法: 詳しくは会議ホームページ(https://acdht.com/index.html)をご参照ください

主催:意匠学会、デザイン史学研究会  協力学会:日本デザイン学会デザイン史部門
会議ホームページ(https://acdht.com/index.html)

■発表を希望される方は、【2021年4月19日】までに会議ホームページからアブストラクト(英文300 words)をお送りください。なお、今回から会議前のフルペーパー提出はありません。会議の電子ジャーナル掲載は会議後に提出されたフルペーパーのうち、査読を通過したもののみとなります。
■聴講を希望される方は、会議ホームページの「Programs & Registration」タブから登録をお願いします。遅くとも7月末までにご登録ください。

ご質問がありましたら、ご遠慮なくメール(office2019@acdht.com)にてお問い合わせください。

2021年度総会および第45回研究発表会のお知らせ

デザイン史学研究会の皆さま
2021年度総会および第45回研究発表会を下記の通り、同日に開催いたします。

●2021年度総会
◎日時:2021年7月17日(土) 14:00-
◎会場:オンライン開催(Zoom)
◎アクセス:後日ニュースレターにてご連絡させていただきます.

●第45回研究発表会
◎日時:2021年7月17日(土) 15:00-17:00
◎会場:オンライン開催(Zoom)
◎アクセス:後日ニュースレターにてご連絡させていただきます.

研究発表会では口頭発表を募集いたしております。発表をご希望の方はぜひご応募ください。
発表を希望される方は下記要項をご参照ください。
●氏名(日・英)
●タイトル(日・英)
●レジュメ日本語200-300字、英文100 words 程度:(日・英訳は無くても可。
可能であれば提出してください)を事務局までお知らせください。

第43回研究発表会 発表者募集のお知らせ

デザイン史学研究会の皆さま
第43回研究発表会を下記の通り、開催いたします。
つきましては、口頭発表を募集いたします。発表をご希望の方はぜひご応募ください。

日時:2020年12月12日(土) 15:00-
会場:オンライン開催(Zoom)
アクセス:後日会員の皆様にお送りしているメーリングリストにてご連絡させていただきます.

発表を希望される方は下記要項をご参照ください。
●氏名(日・英)
●タイトル(日・英)
●レジュメ日本語200-300字、英文100 words 程度:(日・英訳は無くても可。
可能であれば提出してください)を事務局までお知らせください。

皆様奮ってご応募ください。

ジャーナル18号の論文募集および期日変更のお知らせ

●来年度発行予定ジャーナルの論文募集および期日変更のお知らせ

デザイン史学研究会の皆さま

新型コロナウイルスの影響による現在の諸般の事情に鑑みて、
例年11月末日としていた締め切りを12月末日まで延長します。
皆様奮ってご投稿ください。

デザイン史学研究会総会(オンライン)開催

・デザイン史学研究会総会の開催について
 Zoomを使用したオンライン総会を11月14日(土)14:00より開催致します。
 ミーティングIDとパスコードは、後日配信いたします。
  ・会長と事務局の交代について(会長挨拶)
  ・監査報告の延期について
  ・次回研究会の告知
  ・ジャーナルの発送と会費の納入について

・デザイン史学研究会ジャーナル17号の送付について
 諸般の事情により今年度ジャーナルの送付が遅れ、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
 11月中に登録住所に発送いたします。
 送付先変更をご希望の方は、11月14日(土)までにDHWJ事務局までご連絡ください。

第42回研究発表会中止および延期のお知らせ

現在のコロナウィルス感染拡大の状況に鑑み、
参加される皆様の安全を考慮して、
3月8日に予定されていた研究発表会は開催を中止致します。

第42回研究発表会については発表される方のご都合や開催の目処がつき次第、
改めてホームページとメーリングリストで開催のご案内をいたします。

皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、
ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

デザイン史学研究会

第41回 研究発表会開催のお知らせ

●研究発表会開催のお知らせ

第41回 デザイン史学研究会 研究発表会を開催します。

●2019年11月9日土曜日
●運営会議12時〜2時
●研究発表14時〜17時
●場所 麗沢大学東京研究センター、新宿アイランドタワー4階4104号室(最寄駅:丸の内線西新宿駅)

発表者の募集を行います。
⚫︎氏名(日・英)
⚫︎タイトル(日・英)
⚫︎レジュメ日本語200〜300字、英文100 words 程度:(日・英訳は無くても可。可能であれば提出してください。)を事務局までお知らせください。

The 2nd Asian Conference of Design History and Theory, TOKYO

tokyo2a

Theme: Design Education beyond Boundaries

Join us for the 2017 ACDHT Conference, TOKYO, JAPAN
September 1-2, 2017
Saitama University TSC, Tokyo, Japan

Website: www.acdht.com/

We are pleased to announce the 2nd international conference on design history and theory in Asia, dealing with various design-related topics, scheduled to be held once every other year. With the cooperation of a number of related associations and academic bodies, the conference will be held in parallel with each group’s regular meetings and an annual general meeting. A specific theme will be established for each conference, and the event will be defined by its relatively small scale and lack of a general session.
Based on the theme of “Design Education beyond Boundaries,” we are now accepting submissions of presented papers for the second edition of the conference (September 2017). The conference is particularly keen to have papers that examine the historical development of design education related to globalization of design concept and design practice. The papers that provide an empirical research into the complex relationships between the development of design concept and its influence upon educational systems will be highly valued. Also, proposals from scholars across disciplinary and national borders for any related topic in a broader definition of the history of design, with interesting case studies, are welcomed.

Some tentative questions are:
・What have been the roles of trans/nationalism and imperialism in design education?
・How has design education systems developed as liaisons between local traditional design practice and new global design ideas?
・Did class and gender influence the developments of design education in particular geographical areas?
・How have political, cultural, economical and social trends been influential in design education?
・Can/could the national, gender, class or other boundaries stimulate the development of design education?

We hope to exchange views on these questions and many more, and study the field of design education from a much wider, global perspectives. 
Early-career researchers as well as established scholars are welcome to participate. All papers will be published in the conference proceedings with an ISBN.

The papers should be 20 minutes in length, followed by 10 minutes discussion. For each proposed paper, please send a short abstract of about 400 words with the author’s name, affiliations, and email address, to: office2017@acdht.com

Call for paper: 31 January 2017 Deadline of 400-word English Abstract